CBDキャンディ#Chills(チルズ)の食べすぎに注意?食べ方・摂取量などを解説!

CBDキャンディ#Chills(チルズ)の食べすぎに注意?食べ方・摂取量などを解説!
CBDとは、心身がリラックスし、不眠の解消など様々ないい効果があるとされている成分で、最近では日本でも少しずつ名前が知られてきたように感じます。

そんなCBDですが、キャンディタイプで手軽に摂取することが出来る#chills(チルズ)という商品が発売され、注目を浴びています。

そこで今回はCBDキャンディ#chills(チルズ)の食べ方・摂取量などについて解説していきますので、気になってた方は最後まで一読くださいませ!

 

 

CBDキャンディ#Chills(チルズ)の食べすぎに注意!?

#Fleex(フレークス)が販売するCBDキャンディは3種類。

  • #chills(チルズ)…マンゴー味
  • #Geeks(ギークス)…グレープソーダ味
  • #Free(フリー)…レモン味

どこでも手軽に食べられますし、CBD初心者にはハードルが低いのが魅力的ですよね!

そこでふと疑問に思ったことが、

食べすぎてCBDの過剰摂取によって体がどうかなってしまったりしないのか!?

という点です。

調べた結果、食べすぎで体がおかしくなってしまうという情報はありませんでしたが、リラックス効果が高いので、車やバイクなどを運転するときには摂取を控えたほうがいいとのことでした。

アルコールと同じように、CBDも効果を得られる量は人によって様々のようなので、少量から始めて自分の適量をみつけましょう。

ここまでのまとめ
  • CBDキャンディの過剰摂取は控えること
  • 車やバイクなどを運転するときは控えること
  • 少量から摂取するようにすること

 

 

 

CBDキャンディ#chills(チルズ)の食べ方・摂取量などを解説!

続いてCBDキャンディ#chills(チルズ)の食べ方や適切な摂取量について見ていきましょう。

CBDキャンディ#chills(チルズ)の食べ方は?

「chills」は、“趣味をもっと楽しみたい人に”というコンセプトのもと開発されたんだそうです。

趣味に取り掛かる前や趣味を楽しんでいる時、趣味を今までよりも深く感じたいときに、ポッケに忍ばせておいた#chills(チルズ)をパクっと食べる。

そんなイメージで誕生した商品なんだそうです。

CBD特有のリラックス感に加えて没入感を味わえるといったことから、今までの楽しみ方にプラスαすることができるということでしょう!

今までの楽しさを超越した何かが待っているのではないか…とワクワクしてきますよね!

それだけでなく、仕事に集中したい時やストレスを感じた時など、「心のゆとり」を感じたい瞬間に#chills(チルズ)を食べるといいでしょう。

するとCBDの効果で次第にリラックス感が高まり、チル状態に突入しそうですね。

 

CBDキャンディ「Chills」の摂取量は?

#chills(チルズ)に含まれているCBDの量は1粒15mg

その他のキャンディについては、

  • #Geeks(ギークス)…10mg
  • #Free(フリー)…30mg

となっています。

こちらのキャンディは高濃度・高品質をモットーに開発された商品なので、一粒でも十分に効果を感じることが出来ます。

不安な方は半分に割ってから使用するなど、少量から始めてみるといいかもしれません。

効果が薄い・慣れてきたと感じたら一粒にしたり、徐々に増やしていくなど、状況に応じて使用してみてください。

CBDキャンディ「Chills」公式サイトはこちら

そして過剰摂取は健康面を害すかもしれないので、くれぐれもしないようにしましょう。

ここまでのまとめ
  • #chills(チルズ)は趣味に没頭したい時やリラックスしたい時に食べるもの
  • 最初はCBD含有量の少ない#GEEKS(ギークス)から試すのがおすすめ
  • 摂るのに不安を感じる場合は半分に割って使用してみる

 

 

CBDキャンディ「Chills」の危険性や副作用はある?

CBDキャンディ「chills」を摂取することで危険性や副作用はあるのでしょうか?

調べた結果、「chills」に対する副作用の情報は発見できませんでしたが、CBD自体の副作用はいくつかあるようなので、ご紹介します。

  • 口の渇き
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感

CBDは安全性が高く、摂取しすぎておかしくなってしまうことはほとんどないようですが、多少の副作用が確認されているようですね。

副作用はどれも軽度なのでそこまで心配する必要はないんだそうですが、過剰摂取は控えるようにしましょう。

過剰摂取をしてしまい、体に異変を感じた場合は直ちに使用を中止しましょう。

CBDの過剰摂取によるエビデンスとして、

向精神薬での重篤な副作用がある10代の子供を対象に1日最大1500mgのCBDを4週間投与し、その結果CBDでの副作用は確認されず、CBDの抗不安作用によって症状が改善したとあります。

つまり1日1500mgのCBDとなると、CBDを15mg含有する#Chillsを10個食べた量と同じになります。

なので、このあたりが1日の最大摂取量になりそうですが、海外では副作用の報告もあるようです。

重度のてんかん患者にCBDを投与する実験では、倦怠感・下痢・衰弱の症状が出た患者が全体の10%ほどいたようです。

その他にはCBDの過剰摂取は肝臓に負担をかけるといった報告もあることから、摂り過ぎには注意が必要です。

なんでも摂り過ぎは良くないですね!

ここまでのまとめ
  • 体質や持病がある場合は副反応が起きる場合がある
  • 副作用の報告アリ
  • 過剰摂取は控えること!

 

 

CBDキャンディ「Chills」の食べすぎに注意?食べ方・摂取量などを解説!まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回の調査で分かったことは、

  • 趣味の時やリラックスしたいときに少量から始める
  • #Fleex(フレークス)が販売するCBDキャンディは全3種
  • 1粒で10mg・15mg・30mgのCBDを摂取できる
  • 副作用は少なく安全性が高いが、全くないわけではない
  • 副作用が現れたときは直ちに使用を中止すること

といったことが分かりましたね!

これからCBDキャンディを試してみたいという方は是非参考にしてくださいね♪

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

CBDキャンディ「Chills」公式サイトはこちら

FacebookTwitter