CBDキャンディ#chills(チルズ)は違法!?CBD含有量・CBD原料・生産国などを調査!

CBDキャンディ#chills(チルズ)は違法!?CBD含有量・CBD原料・生産国などを調査!
CBDを手軽に摂取できることで話題の、#fleexが販売するCBDキャンディ#chills(チルズ)

CBDとは、大麻の成分の一つで、摂取すると心身がリラックスし、不安や心配を取りのぞいたり、不眠の解消にも役立つとされていて、現在日本でも注目されつつある成分です。

そこで今回は、

  • 大麻成分を摂取して違法にならないか?
  • ハイになったりしない?

といった疑問をもとに、CBDキャンディ#chills(チルズ)について?CBD含有量・CBD原料・生産国などを調査しました!

 

 

CBDキャンディ「chills」は違法なの!?

大麻と聞くと、誰だって違法なんじゃないかと不安に感じてしまいますよね。

しかし結論からいうと、CBDキャンディ#chills(チルズ)は合法です!

なぜかというと、#chills(チルズ)で使用しているのは大麻草の成熟した茎・種子の部分なのですが、取り締まりの対象とはなっていないのです。

大麻の逮捕対象となるのは、「大麻の葉、花穂、枝、根」の部分です。

なので#chills(チルズ)を所持していても使用しても逮捕されることはありませんし、ハイになることもありませんのでご安心ください。

 

 

CBDキャンディ#chills(チルズ)のCBD含有量・原料・生産国は?

#chills(チルズ)の中には、どれくらいのCBDが入っているのでしょうか?

また、生産国や原料の詳細についても解説していきます!

CBDキャンディ#chills(チルズ)のCBD含有量は?

CBDキャンディ#chills(チルズ)の中には、1粒15mgのCBDが含まれています。

#Fleex(フレークス)が販売するCBDキャンディは全3種類。

  • #Chills(チルズ)…CBD含有量15mg
  • #GEEKS(ギークス)…CBD含有量10mg
  • #Free(フリー)…CBD含有量30mg

1粒でどれ位の効果があるのかは個人差があるようなので一概にはいえませんが、半分の量でも十分に効果を得られる方もいるみたいです。

なので最初は半分に割って舐めるなど、工夫して使うと良いかもしれません。

アルコールと同じように、効果が出るまでの摂取量が違うので、自分に合った量をみつけるまでは、少量から始めるのが良さそうです。

 

CBDの原料は何?

CBDとは、大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一つ。

大麻草の成熟した茎と種から抽出・製造されたものです。

違法薬物として指定されている大麻(マリファナ)は、葉、花穂、枝、根等から抽出されたもののことをいいます。

CBDは茎と種から抽出されている為、現在の法律では違法には当たりません。

CBDの原産国はどこ?

CBDキャンディ#chills(チルズ)に含まれるCBDの原産国は、HPによると北欧のCBD大手企業から原料を輸入し、日本で製造しているとのこと。

原料の輸入は全て厚生労働省などの確認も得ているそうなので、品質に問題はなさそうです。

#Chillsは、北欧の有名CBDブランド企業からTHCフリーのCBD原料を輸入し、日本の製造メーカーと協力し国内での製造を行っております。

海外製品の販売ではなく、自社で製造から販売までを行うことで、高品質な製品を低価格で販売することが可能となっております。

また、原料の輸入はすべて厚生労働省・関東信越厚生局による確認を得ております。

​引用:fleex

 

CBDキャンディ#chills(チルズ)は違法!?CBD含有量・CBD原料・生産国のまとめ

いかがだったでしょうか!?

今回の調査で分かったことは、

  • CBDキャンディ「chills」は合法!
  • 「chills」に含まれるCBD含有量は一粒15mg
  • CBDは北欧から輸入し、日本で製造している

キャンディタイプで手軽に摂取できるところがchillsの魅力だと思います。

これからもっと注目を浴びる商品になりそうな気がします。

新しい情報があれば、こちらの記事で更新したいと思います!

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました♪

CBDキャンディ「Chills」公式サイトはこちら

FacebookTwitter